ラム酒に合うおつまみ&料理をご紹介

スポンサードリンク

ラム酒に合うおつまみ&料理をご紹介

ラム酒に合うおつまみはなんでしょうか。気になるところですよね。

 

お酒の中でも、独特の存在感のあるラム酒。
製菓材料やカクテルベースとしても幅広く使われ、甘い味わいと飲みやすさとで、女性の人気も高いお酒。
ラム酒はバーやレストランなど、お店で飲むイメージがありましたが、最近は家飲みでラム酒を楽しむ人も増えています。
ラム酒は最近は手に入れやすいお酒として親しまれています。
ビールやワインなどと同じ感覚で飲まれる日も近いかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

ラム酒に合う食べ物の範囲はかなり広い

お酒を飲む時にはやはり何かおつまみなど、口に入れるものが欲しくなるという人が多くいます。
それぞれのお酒に合う食べ物とそうでないものとがありますので、上手に合う組み合わせを探していく必要があります。
しかし、ラム酒はアルコール類の中でもマッチする食べ物の範囲が広いのでとても便利です。
甘いものでもいけますし、しょっぱいものでも問題ありません。
ワインのように洋食には合うものの和食に合わせるのが難しいということもなく、たいがいの料理に合います。
もっとも、蒸留酒はある程度癖の強いものであっても料理を問わずにマッチするという傾向がありますので、おつまみや料理に合わせやすいと言えるでしょう。
また、ストレートで飲むとちょっと癖が強く過ぎると感じるようなものでも、カクテルにして飲むことで飲みやすくなり、料理に合わせるのも簡単になるというケースもあります。

 

甘いものとの組み合わせもいけるラム酒の強み

少し前の酒飲みであれば、酒と甘いものなんて合わないという主張を言っていたものですが、最近ではお酒と甘いものの組み合わせというのは普通のものになってきています。
特にラム酒は甘いものとの相性が良いので、ケーキなどに用いられています。
そのため、おつまみとしても甘いものを用意することができます。チョコレートやレーズンなどの定番のスイーツなどは間違いなくラム酒に合いますし、フルーツ系もおいしくいただけます。
さらに、バターを使ったスイーツもラム酒と合いますので、ケーキなどの普通のスイーツも合います。

 

和風のスイーツも意外にラム酒と合います。
特に黒蜜を使った黒蜜のあんみつや信玄餅などがぴったりきます。というのも、ラム酒の原料はさとうきびですので、同じさとうきびを使ったスイーツはとても合うのです。
数あるお酒の中でもラム酒は、スイーツと合うことが多いので、いろいろなスイーツを試してみると良いでしょう。
といっても、まったく合わないというものは少ないので、楽しみながらいろいろチャレンジしてみることができます。

 

やはりラテン料理がベストマッチ

ラム酒は中央アメリカで作られ、よく飲まれていますので、やはりラテン系の料理がよく合います。
たとえば、グアカモレというアボカドをつぶしてレモン汁をかけたものは、メキシコを始めとする中央アメリカ一帯でよく食べられているもので、ラム酒ともよく合います。
簡単に作れるものですので、ちょっとしたおつまみにしてみることもできます。
さらに、輸入食品ショップなどでよく売っているトマトのサルサにクラッカーやナチョスの組み合わせも、ラム酒とよく合いますので定番の組み合わせと言えます。
地元ではラム酒はテキーラと同じように、塩とレモンをかじりながら飲むという習慣がありますが、こうして飲むとさっぱりと飲めますので、少々しつこい料理にも合います。
たとえばフライドチキンなどと一緒に、この飲み方でラム酒をいただくこともできます。

 

スポンサードリンク

 

スープ料理ともこのお酒は結構マッチしますので、一度試してみると良いでしょう。
スープと言っても、ビーフコンソメ、チキンコンソメ、野菜コンソメ系の澄んだスープとよく合う傾向にあり、コーンポタージュのような、もったりとして甘目のものには合わないことがあります。
また、中華スープなども意外とラム酒と合いますので、その組み合わせの妙を楽しんでみてください。
昆布出汁とカツオ節出汁の日本の汁物とラム酒の組み合わせは、人によって評価が分かれるところです。
ラム酒は香りが強いものですので、さっぱりとした味わいが身上の日本料理だとせっかくの繊細な味わいが消し飛んでしまうことがあるからです。

 

肉料理と合うので料理のお供にしやすい

ラム酒はたいがいの肉料理と合いますので、料理のお供にしやすいというメリットがあります。
特に濃いめに味付けをした肉料理との相性がよく、ちょっとしつこいと思えるような肉料理でも、ラム酒と合わせるとアルコールの強さも相まって口の中がさっぱりとします。
よりラム酒との相性ということを重視したいのであれば、料理の仕上げに軽く香り付け程度にラム酒を振りかけたりフランベしたりすると、よりマッチします。
野菜料理ともラム酒は合いますが、やはりさっぱりとした味付けにしたものはラム酒の香りに負けてしまう傾向があります。そのため、こしょうなどの香辛料を強めに利かせた中華風の野菜炒めや、回鍋肉などが良いでしょう。

 

繊細な味付けの日本料理はラム酒の強さに負けてしまうことが多いですが、赤身魚の味噌漬けを焼いたものなどは意外と合います。
味噌とラム酒の相性は悪くないようで、豆腐のみそ田楽などとも不思議にマッチしてくれます。
お酒と料理の組み合わせは意外なマッチングが見えることもありますので、固定観念にとらわれずにいろいろな組み合わせを楽しんでみることが大事です。

 

個人的に一番好きなのは

一般的にラム酒はそれ自体が甘いので、ワインと同じようにチーズやナッツ類が合うと言われています。
逆に甘さの相乗効果を狙って、チョコレートとの相性も悪くありません。
ライムやレモンをかじって、果汁を舐めながらラム酒を飲むのも旨いです。

 

とまあ色々と合うつまみはあるのですが、個人的に一番おすすめなのはズバリドライフルーツ
中でも酸味の強いマンゴー、イチゴ、ブドウのドライフルーツがおすすめです。
甘みと酸味のコラボレーションを是非お試しください。

 

ラム酒の場合、ビールやワインなどと違って、食べ物を食べながら飲む、という感じではないので、ラム酒の甘さと香りを殺さないようなものがよいですね。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク